スタンプ・印鑑製作マシーン!!

おはようございます。東京は至る所で桜まつりが行われています。皆様花見は済ませましたか?私は昨晩夜桜を楽しんできました。ちょっと肌寒いですが、周囲は花見客がいっぱいいましたね。by美好町公園(府中市)

予想よりも咲き続けてくれた桜に感謝し、桜のシーズンは終わりで、いよいよ過ごしやすいシーズンに突入です。

 

今日は、封書屋なまあずの製作マシーンを紹介します。

封書屋なまあずは街の印刷屋さんです。設計事務所が運営しているのでデザイン重視です。なので印刷部分は外注が多いのですが、スタンプ・印章は社内にも製造ラインを持っています。

浸透印スタンプ製作機と印章彫刻機

ジャン!!

左側はブラザーの浸透印スタンプ製作マシーンです。シャチハタタイプのインクが入った浸透印を製造できる画期的なマシンです。デザインしてから製作まで非常に短いです。封書屋なまあずでは、シャチハタの浸透印は工場出荷ですが、ブラザーの浸透印は社内で作られています(知っていましたか??)。ネーム印は通常タイプと訂正印タイプを作成できます。また人気の20mm×20mmなどの浸透印は在庫がありますのですぐに作ることができます。機械自体はブラザー製で他社と変わらないのですが、封書屋なまあずでは独自の技術で、なまあずショップで人気のスケジュール浸透印(こどものかお)と同様の小さなデザインされたスタンプの特注ができます。3mmくらいの印面は初めて見ると驚きますよ!!(通常は最小6mmです。これでも小さい!!)

こんなサービスも実施中です。

 

右側は、印鑑屋さんの屋に必ず鎮座している有名な印章彫刻機です。こちらもパソコンでデザインすれば、印章を彫ってくれるとんでもないマシンです。通常の印章なら文字デザインで簡単にできるのですが、封書屋なまあずの主戦場はそっちではありませんので、大変です。デザインされた印章、デザインをキレイに作るのは試作と調整を繰り返さなければなりません。

「ぷちはん」サンプル

上は、封書屋なまあずオリジナルの「ぷちはん」の例。ネコの手のようなものを入れています。真ん中は海の氵を猫の手風にしています。印面を反転させたり、さまざまなカスタマイズが可能です。

重要なのは機械があることでも、それを操作できることでもありません。本来は印鑑屋さんにあるマシーンをデザイナーが使いこなしている点です。そのため本来の使い方ではなく、楽しいスタンプや印章をスピーディーに製作できる環境が整っていることです。従来の印鑑屋さんと一風変わった封書屋なまあずを、是非ご利用くださいませ。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です